スタッフ紹介・援護事業部会

障がい者援護事業部 高橋亜樹

2011年 入社 生活支援員として働いています

staff2

 私の仕事

施設に入所されている利用者さんの生活全般の支援をする仕事
施設で生活している利用者さんの生活全般(食事、入浴、洗濯、外出、通院、日中活動等)の支援をしています。利用者さんの笑顔と感謝の言葉をいただいたときに喜びを感じます。通所ではなく入所により色々な方が施設利用をしています。生活支援だけでなく、紙製品作りや工業製品など簡単なパーツ作りをして工賃を得たり、ダンボールや空き缶など資源を回収して利用者さんが収入を得るお手伝いもしています。それらのお仕事を通じて収入を得るだけでなく、その人に合わせた支援方法を考え、その支援で利用者さんが満足してもらえた時に、喜びを感じます。

 一番嬉しかったこと

利用者さんと一緒に生活や活動をし、思い出や喜びを共有できること
昨年、岩手国体の開会式オーディションとしてダンスコンテストに利用者さんと参加しました。職員と利用者さんが一緒に練習し、発表の衣装などお互いにアイディアを出し合って本番に備えました。コンテスト本番では、応援に駆けつけてくれた利用者さんや職員がいました。この時に利用者さんと協力して参加できたこと、他職員とのつながりを感じ、嬉しく思いました。この仕事は、チームワークを生かす場面が多く、その実践での満足度や喜びなどを職員間で共有する機会が多いと感じます。

 私がこの会社を選んだ理由

法人説明会で聞いた山本有三・路傍の石の一節がきっかけ
説明会で路傍の石の一節「たった一度しかない人生をほんとうに生かさなかったら人間に生まれてきたかいがないじゃないか」を初めて聞き、感銘を受けたことがきっかけで、この職場で頑張ってみようと思えました。学生時代は福祉関係について学んできておらず、わからないことばかりでしたが、入社後に介護福祉士の資格を取得しました。働きながら、福祉に関わる資格取得、スキルアップが可能だったことも大きな理由のひとつです。

 先輩からの就職活動アドバイス

「きっかけ」と「思い」さえあれば、仕事のやりがいはやっている内に出てくると思います。まずは続けてみること。  

採用情報

Copyright © 2014 愛護会 All Rights Reserved.